(元)PCゲームレビューサイトマサオの部屋の出張所ブログ日記。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにゃく終了
こんにゃく終了。

やっぱり来ましたよ、丸戸大どんでん返し!!!

ってこのままだとネタバレになりそうなので、続きに書くことにします。
てか本当の意味では茜がメインヒロインなんかい!!!


うわぁ。予想おお外れ。
なんですかあの活躍っぷり!


でも、実際のところはかなり駆け足だったし、シナリオの最も各をつく、つぐみ寮には全く関係ないし、HシーンもCG数枚だったし、正確な意味ではやっぱりオマケだったんですけど(笑)

いや、でも茜あそこまで伏線張っといて、あれだけしか活躍させないって言うのは個人的にはもったいないなぁっとは思うのですが。。。


個人的には約束された日で終わりでよかったのかなぁっとも思わなくもないですね。

なにしろ、卒寮式での会長が良すぎたし…。
てか歌ずるいし…。

さてさて、結論から言えば、パルフェに続きまたしても丸戸マジックにはまってしまった感じですね。

各ヒロインの話は基本的にオーソドックスでしかないんだけど、最後の最後でゲームとしての評価がすごく上がります。

…ただ、今回の茜はまぁまぁでしたが。

シナリオからいえば絶対的にパルフェの方が面白かったと思うんですが、感動の度合いで言えばこんにゃくの方が上だと思います。

最後までオーソドックスで、まっすぐで、何も変えられなかったですが、それまでの過程がで得れたものが最後に爆発して心をついたって感じですかね。

うーん。なんかひさしぶりの所為か、上手くまとめられませんが。


相変わらずキャラクターの良さは流石でした。

特に会長は声優が折笠愛だということもあいまって、存在感抜群で非常に良かった。
後は、個人的にだめだめさえちゃんと、苦しみをずっと耐えていた海己がよかったですね。

特に海己はああいうタイプでは珍しく自分の心をつきました。
自分が一番辛いのに、最後まで自分を押し殺し続けていた海己。
つぐみ寮のお母さんというのは、そんなところからも現れているのかもしれませんね。


っと、まぁ、つれつれと書いてきましたが、なかなか良いゲームだったと思います。

特に海己と約束された日のシナリオが飛びぬけて良かったですね。この二つは8~9点って感じでした。
その他の部分も総合して考えると8点と言ったところですかね。
個人的には雰囲気がすごく好きな感じでしたし(もうちょっと田舎の夏休み感を出しても良かったかとも思いますが)、特に大きな穴も見当たらなかったし、お勧めできる作品ではないかなぁっと思います。

なんか、ひさしぶりだから上手くまとまってないようなきがしますが、まぁこんなところです。
時間があればもう少し練ってまとめてみようかと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。