(元)PCゲームレビューサイトマサオの部屋の出張所ブログ日記。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰国
11月30日から続いていたイギリスへの旅行が終了しました。

今はまだ、なんだか自分が日本にいる気がしないです。
帰りに池袋の喧騒を通ったり、忘年会のよっぱらいがいっぱいいる東武線に乗ったりすると、なんだか自分の国のはずなのに、違う国に来た感じがします。

ということは、大変なことがあったとは言え、ロンドンの生活を楽しんでこれたことの裏返しとも取れるので、そこはポジティブに取りたいと思います。

日本時間ですでに3時半を過ぎましたが、時差の関係で全然眠くありません。
とりあえず酒を飲みながら眠気が来るのを待つことにします。
早まる方があわせるのが大変そうですね。遅くなる分には寝る時間を我慢すればいいだけですから。
(眠くないのに寝るのは中々むずかしいですよね?)

今の時点で、今回の旅行が何を自分にもたらしているのかは分かりません。
ただ、ハチクロの花本くんじゃないですが、自分自身どこにでも行けるし、どこでも生きていけることが何んとなく分かりました。
言葉が違っても、文化が違くても、知り合いがいなくも。人は何とか生きていけるし、そこで生活を築くことができるんだと、はっきりと思いました。
そして、それが自分でも出来るんだと。

正直なところ、自分は臆病な人間なので、そうやって自分のコミュニティスペース外に生活を広げて行く人と言うのは、全く違う次元の人なんだと思ってました。

でも、国内旅行しかり、海外旅行しかり。行った先々で生活するのはそんな小難しいことは要らなく、ただ、その文化に自分を少しずつあわせて、そして、その流れに乗ってさえすれば、別に暮らしていくことは難しいことではないんだな、と思えました。

ある人が聞いたら当たり前のことなのかも知れませんが、自分にとってはそれが肌身をもってしれたことが非常に大きな経験になったのなかと思います。


あとは、色んなしがらみから抜けた状態で、ただ自分の為だけに行動することがどういうことか?それを再発見できたこともよかったかなと思います。

もともとは、どちらかというと唯我独尊の性格で生きてきたと思います。
ただ、会社に入り、社会の中で働いているにつれて、だんだんと自分を社会の中で相対的にみて、それがおかしくないか確認しながら過ごすことが増えてきたと思います。

今回は、だれもそんな社会的な目なんか気にして見ている人なんていないから、自分で好きなようにやってきました。
昼から酒も飲むし、旅行に来たのに、日曜日に部屋でじっとしてたりもしました。行ってない観光スポットもあります。ただ歩いてた日もあります。

ちょっと前だったら、帰って話をするにしてもなんにせよ、自分の行動が周りに人から見られておかしくないかってことを考えていたと思います。
でも、今はそんなことを話す相手はいません。
いるとしてもそれは気の置けない友達とか、家族とか、それぐらいですから。
自分が楽しいと思ったことだけ優先してやってきました。

それはあたりまえのことだと思うかも知れないけれど、いざやってみると今まで自分がそういう風に出てきていなかったがよくわかりました。

何のためにいきているのかなんて、そんな陳腐な自問自答をしている訳ではないですが、今の自分がどうしたいのか、何んとなく、分かった気がします。


さて、これでロンドンの旅行はお終いですが、時間があればまたどこかに行きたいと思いますし、可能であればこのブログにも色々と書いていきたいと思います。
なんかの機会で見てしまったかた、独り言ばっかのブログで申し訳ございませんでした。

ではまた、近いうちに。
スポンサーサイト
ロンドン旅行記7
さて、気がつけばロンドン滞在も残り2日になりました。

昨日はケンプトンパーク競馬場に行って、帰りに電車の遅延に巻き込まれ寒さに震え、消耗しきってしまったのでそのまま寝てしまいました。


今日はウィンザー城に行ってきました。
日本で言えば皇居とかそんなイメージなんですかね。京都御所とか。

しかし、流石はイギリス。城内はきらびやかな装飾品に飾られていました。


ところで、イギリスに来てよく、海外から持って帰ってきた装飾品の数々を見ます。
例えばインドの王国の王冠だったり、玉座の飾りだったり。

でも、これって結局は略奪してきたものなんですよね?
大航海時代に覇権を握っていた大英帝国が他国から巻き上げてきたものがほとんどなんですよね?

それを誇らしげに提示してあるというのは、日本的考えでは少し違和感がありました。

例えば日本が第二次大戦のときに巻き上げてきたモノを展示してたら疑問を感じますよね?
これは戦勝国だからなんですかね?

あ、でも日本でも秀吉の時代の朝鮮遠征で勝ち取ってきたものを展示してありますよね。それといっしょか。。。

まーどちらにしても個人的にはなんだか複雑な感じがします。


さて、すでに一週間を経過した訳ですが、イギリスの生活にも大分慣れてきました。


ただ、どうしても食事を食べにいくことだけなれません。
食事がおいしくないって訳じゃないんです。
一人でレストランに入って食事するのが耐えられないんです。

これは日本の旅行中にも感じたんですが、一人でちゃんとしたレストランに入って食べるには結構気合がいります。

でも、日本にはファーストフード的な食堂とかがあっていいんですが、イギリスだとそれがカフェになっちゃうんですよね。
晩御飯とかになるとちょっと物足りない。。。

なので、この旅行中はもっぱら部屋に帰ってからデリを食べています。
このデリもおいしいんですけどね。
出来ればステーキとかガッツリしたものを食べたかったのも本音です。

出来れば次は誰かと一緒に来たいな―。と思いました。
ロンドン旅行記6
見に来てくれている10人の方はどこからいらっしゃた人なのか?
とりあえず感謝です。こんな自慰行為的ブログを見に来ていただいて…。

膝が痛いです。理由はさっぱり分かりません。
土曜日にサッカーを見に行った時、歩いてたら急に痛くなりました。

元々左膝はランニングしたりすると痛くなったりしてたので、今回の旅行での酷使と寒さで悲鳴を上げたのかもしれません。
実際暖かいところにいると痛みはなくなるので…。

という爆弾持ち状態になった為、今日はおとなしくロンドン近郊で観光。

メインはウェンブリースタジアムとエムレーツスタジアムの見学。
イングランド代表のファンでもなければ、アーセナルのファンでもないんですが、折角イギリスに来たんだしねー的な乗りで行ってきました。

サッカースタジアムはホワイトハートレーンに行って、試合を見てきましたが、やっぱり規模が違いますね。
ホワイトハートレーンが40000人弱しか収容できないのに対し、ウェンブリーは90,000人。エミレーツ60,000人と全然違うことが分かります。

それに2つとも新しいからとにかく綺麗。逆にホワイトハートレーンが汚すぎると言うのもあるのですが。
(置かれている地理的なものもあるのでしょうが。トッテナムは若干スラムよりな場所なので)

結局どちらも外見だけの見学となってしまったのですが、その規模にただただ圧倒。
日本でも味スタ(中で試合したことある)や等々力に行ったことはありますが、やはり全然違いますね。
これだけの規模で、しかもサッカー専用と言うところに、やはり母国と言う威厳を感じます。
日本はなんだかんだで、基本陸上競技場の中に作られていますから。

で2つを回った後は、テートブリテンで適当にお茶を濁して帰ってきました。
アート的なセンスは自分にはないんだと言うのが良くわかりました。


ところで、今日気がついたことの中で、イギリスって異なった人種同士のカップルがほとんどいないですね。
当たり前なのかも知れませんが、同じ人種、同じコミュニティの人同士で集まっていることが非常に多い気がしました。
(白人の中でも色々いるので、その中での違いはあるのかもしれませんが…)

なんか、アメリカとかのイメージだと、黒人と白人が普通に付き合ってたりするものなのかなーと思ったのですが、あまりそう言うところを見ないですね。

別に差別、ということではないのでしょうが、やはりそこには目に見えないなにかが存在するのでしょう。
日本人には目に見えないというより、目に見えるぐらいの壁を感じるので、普通と言えば普通なのでしょうが…。


明日は午後からゆっくり、本場の競馬を体験してきます。
ロンドン旅行記5
昨日も途中まで書いたのですが、また間違えて消してしまってそこで力付きました。

トッテナム-ボルトンの試合を見てきたこと書いてたのに…。まあ、それはそれと言うことです。
印象に残ったのは隣のモノ静かなおじいさんがゴール決めたときに派手なガッツポーズをしていたこと。
あの無邪気な笑顔は忘れられません。


さて、今日はうって変わってリバプールまで足を運んでみました。
リバプールと言えばビートルズの街。
ということでビートルズ博物館に行ってきた訳ですが、ビートルズ自体を少ししか知らない自分にとっては勉強になったけど、感動はそれほどって感じでしたね。

リバプールと言う街はいわゆる再開発都市の様で、ベイサイドを中心に新しい商業施設を入れて街の再生を図っているようです。

確かに湾岸部の一部は大分垢ぬけている感じでしたが、それ以外は結構古いくてさびれた町並みが残っていて、何とも不思議な街でした。

友達が言っていた「なんか鬱屈した空気がある街」というのが良くわかりました。
まーロッカーが生まれる街なんてそんなもんなんでしょうけど。
その鬱屈を打開する為にロックするんでしょうから。

本当は泊まりで行こうと思ったのですが、ビートルズ関係以外は特に見るところもなかったので、結局日帰りで帰ってきてしまいした。
これだったら最初から往復チケットにして安くあげてればよかった。


ところで帰りの電車の中、たぶんラテン系の若者軍団が電車の中で騒いでいるのに遭遇しました。
日本では考えられないレベルで騒いでしたのですが、周りの人たちはちょっと五月蠅そうにはしていたものの、「しょーがないなー」みたいな感じでスルーしてました。
こんな対応の仕方も日本とは違うんだな―としみじみと思いました。

たぶん、若者たちにとっては普通のことだったんでしょうし、乗客も「そういう人たちもいるよね」って感じなんでしょうね。
多国籍の人、様々な価値観が混在する国だからこそ、そう言うことにおおらかなんでしょうね。
日本はほぼ単一国家で、形式ばった価値観が世間一般に浸透しているから、こういう感じにはならないのでしょう。

個人的にはそういうおおらかなところがいいなーと思った半面、形式ばった価値観の中で育ってきた人間なので、やっぱり電車の中は静かな方がいいと思いました。


後、帰りの電車で手帳に少しだけ小説を書きました。
やはり手書きの方が進むかな。少し明りが見えたかもです。
書けない
イギリスに来ている間に自分にかせた一つの課題として何かを書くことがあります。

今、自分で手をつけていた小説を書こうとしているのですが、まったく書けない。



正直な話し、ここ3年ぐらい自分で物語を描くのが非常に辛くなっています。
昔は湧き出る様に浮かんできたのに。今はなんかひねり出そうとしても何も出てこない感じです、。


やがて悲しき外国で村上春樹氏は「無理に書く必要はない」と言っていますが、実際書いている人からしてみたら、書けないこと自体がかなり辛い状態だと思えます。
だって、このまま一生書けなくなってしまう可能性だってある訳なんですから。
どうやってその思いを振り切れと。
今まで無尽蔵に湧いていた温泉が枯れたら誰だって焦りますよね。そんな感じです。

まあ、それでも書けない人は諦めた方がいいんでしょうけどね。
趣味でも何でもいいから書き続けたい人にとっては人生を左右することでもあるんで、複雑な思いを掲げながらのヴァケーションです。
ロンドン旅行記4
かなり長く書いてたのに、いきなり戻るになってすべてきえちゃったから、今日はもう書きません。




上手くいかない日はとことんいかないね。
ロンドン旅行記3
渡航3日目。少しずつ疲れがたまってきたかなぁという感じです。
睡眠時間とかを考えると、時差はすでに調整済だと思うので、疲れが妙に溜まっている気がするのはやはり気を張っているからでしょうか?

英語はやはり中々ヒアリングが出来なくて苦労しています。
聞こえていても意味が分からないことも多くて、かなりのフラストレーション。
昼間、初めてのパブを体験して、少し自信をつけれた気もするのですが…。

大英博物館では展示物の説明がほとんど分からないと言う始末。
と言っても学術用語とかも乗っている以上、普通の知識では理解は難しいのでしょうが。

日本の展示物を見ながら思ったのですが、やはり芸術にしても何にしても、その国の文化や歴史を知っていないと、その意味を理解することはできないですね。
ギリシャ時代の彫刻を見てすごいなと思うことは出来ても、それが何を意味しているのかは背景となる歴史を知っていないとさっぱりです。
今更ながらもっと勉強しておけばよかったなと思います。

ということで、今日は色々と自分への苛立ちとかストレスがたまった一日でした。

まぁ。そんな自分と対面するのもこの旅行の一つの理由なので、真摯に受け止めて行きたいです。


今回の旅行にはキング・カズこと三浦知良氏の「やめないよ」という本を持ってきているのですが、この中でたびたびカズの海外クラブ所属時代の話が出てきます。
異邦人として訪れた先では、まずは所属しているコミュニティの中に恐れず飛び込んでいくことが大切だと、彼は長い海外経験から感じたそうです。
僕は気楽な旅行客で、カズとは全然おかれた立場が違うけど、確かにその通りだなぁと思いますね。

コミュニケーションを取ろうとして失敗することも多いでしょうが、何もしないことが本当の意味での失敗になるのでしょうね。
例え挫折や辛い思いをしても、前に進もうとしない人には道は開かない。

僕もこの旅行の中で、何か新しいことに恐れず飛び込んでいきたいです。
願わくば。。。
ロンドン旅行記2
観光初日。

移動とか時差の疲れが残るので、今日は特に目的を決めずにブラブラしました。

リージェントパークで散歩⇒ベーカー街を冷やかし⇒ピカデリーサーカスから中華街にいって食事⇒ビックベンを観光⇒フラフラ歩きながらロンドン塔をサラッと見たところで雨が降ってきたので退散となりました。

ブラブラと言いながら結構歩いてますね。
国内旅行の時もそうでしたが、基本的に僕の旅行はあることが前提となります。
歩くの好きなんでしょうね。バスとか乗った方が色々いけるのは分かっているのですが、どうしても歩くことが多いです。

おかげで両足の甲がすでに痛かったり…。
ま、2.3日したら慣れるでしょうけど。


ロンドン二日目で思ったこと。

やはり色んな人種が入り混じっているなーと思いました。
ロンドンの中心部なんかに行くと英語以外の言語らしきものが飛び交ってますしね。
旅行客が多いのもあるんでしょうけど。
どうもロシア系の観光客が多い気がします。ロシアから見たらロンドンなんか暖かいところなんでしょうね。
だからこの時期に観光に来るのかもしれません。

その代わり日本人をほとんどみません。
韓国人と中国人はそれなりにみるんですけどね。日本人は1,2人しかみませんでした(しかもたぶん)
普通に考えたらクリスマス前の師走にロンドンに観光なんかに来ている人はいないでしょうから、多くなくて当然なんでしょうけど。

こんなところで日本人の勤勉さと言うか…紋切り型というかそんな感じのものを感じさせられます。

ロンドンは平日でも普通にランニングをしている人とかがいます。
土日休みの日本では、平日には絶対見ない光景でしょうね。
同じ理由で、日本人は決まったところでしか休みを取らないですが、欧米系の国では適宜休みを取るから、観光客も多いんでしょうか?今ひとつ分かりませんが…。


日本人があまりいないことに少し不安さを感じますが、大都会の為、誰も僕のことなんか意識してないですから、寂しさもあまり感じません。東京にいるのとおんなじ感じかな。

ただ、PUBにちょっとだけ寄ろうとした時は流石の疎外感でした。
平日だと言うのにどこも満席ってすごいですよね。
日本では居酒屋が平日なのに満室になるのといっしょですよ。ロンドンっ子はPUBでそうやってコミュニケーションを取っているんでしょうね。

昼間のPUBでもう少し修業を積んで、近々リベンジしたいと思います。
ロンドン旅行記
すごく久しぶりの更新ですが、今回のロンドンの旅行記をこっちで上げようかな。

完全な自己満足な、日記的な内容になると思うので、誰も見ていないと思われるここに書いておこうかと。

一部は抜粋してMixiにあげるかもしれませんが、それはそれで。


初めてヨーロッパ。初めての海外一人旅。
今、この瞬間も、なんでこんなことしようかと思ったかは自分でもよくわかりません。

ただ、英語圏に行って、自分の英語力の無さを再確認したいというドM的な思いと、折角時間があるんだから海外に行かなきゃいけないと言う、半ば脅迫観念の様な思いに駆られて飛び出してきました。

ロンドンだった理由はただ安いからの一つにつきるけど、実は物価がかなり高いので、もしかしたらNZとかLAとかにしておいた方が、実際は安かったのかも。

ただ、本場のPUBを味わってみたいという思いもあるので、少なくともそれだけは体験したいですね。
さっき見てきたらどこもかしこも込み合ってたけど。
今日水曜ですよ?イギリス人はやっぱりパブが好きなんですね。

さて、まだロンドンについて3時間半ぐらいしか経ってませんが、今のところの感想。

やはり多国籍な国だけあって、周りを見ると色々な人種があふれかえっています。
白人、黒人、アラブ系、インド系。ここら辺がほぼ均等割りぐらいで存在しています。
もちろんアジア人もいますので、僕が一人歩いていても、誰も気にしません。

ふと思ったのですが、逆に日本などのアジア圏の国は基本的に黄色人種にしかあいませんよね。
そう言った意味で、日本とかに来ている外国の方はすごく孤独感を感じるんじゃないかと思いました。
言語も英語であればある程度対応できるのでしょうが、その国言葉があふれかえっているとなおさらでしょうね。

それに、英語がほとんどしゃべれなくても今のところ困りません。
入管も言ってることは大体分かるし、荷物待ちしてたときにアンケートを取られたけど、まぁこれも適当に流せました。
こっちが心配しているより、この国の人たちは英語に親しみがない人に対しての耐性があるのでしょう。
多くの移民が来ている訳なんだから、それもそうだなと思いました。

ということで、今のところロンドン滞在は問題なく進んでいます。
さっきスーパーで買い物して、今はジンジャービールを飲みながらこれを書いているところです。

今は9時半ぐらいなので、後1時間ぐらい起きてて、何とか時差に身体を合わせようと考えています。
明日は疲労回復と近くのリージェントパーク周辺の散策がメインになるかなー。


余談
さっき多くの移民がいると書きましたが、それだけの移民が来ている以上、彼らも何らかの仕事をしている訳です。
ヒースローの空港から地下鉄に乗る時、改札前にやたら職員がいました。それこそ多すぎるぐらいに。
で、この職員はやっぱりというか移民系の方々で構成されています。
つまりこういうところで仕事を増やして、政府として対応しているんだな―としみじみ感じました。

今、日本ではTTPが盛んに取り立たされていますが、移民が解放となると同じような光景を東京で見れるようになるのでしょうね。
僕は経済的にはTTPは歓迎なのですが、高齢者の年金が受給額が減っている中、シルバー人材の活用が叫ばれていますが、ロンドンで見た移民の方々がやっている仕事とと高齢者の方の仕事は大きくラップしているなーと思いました。

元々難しい問題だけど、人を受け入れて行くことのむずかしさを感じたひとまくでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。