(元)PCゲームレビューサイトマサオの部屋の出張所ブログ日記。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
休暇の過ごし方
別にそんなに有意義なお話じゃなくて、要は月曜火曜と風邪で死んでただけです。

なんか最近体調を崩しやすいです。ストレスなのか食生活なのか性生活なのか原因は不明ですが。

でそんな訳で代休と有給を一日ずつ取ったんですが、その間中永遠とニコニコでアニメを見てました。

高熱だしておきながら何してるんでしょうかね…。

でも実は見たかったらきすたとハルヒは全話みてしまった訳で、見る物自体はなかったので、






手を出して見ました。







いちごましまろに…。







だれだ!だれだロリって言った奴は!

俺がロリだったらみなみけに手を出してるはずだ!


まぁそんな言い訳は置いといて、

いや言い訳じゃないけど!

なんかまったり癒し系を見たくて見てみました。
いやぁ、らきすたとよつばとに負けず劣らずの癒し系シュールギャグですな。主に美羽オンリーだけど。

てか美羽がすごくむかついた記憶が…。そしてコッポラ、かわいいよコッポラ。



いや、断固としてロリじゃありませんから。


でも個人的にはらきすたの方が京アニクォリティがあって好きでしたね。
悪くも良くも何かに似てるなぁって感じでした。一
[休暇の過ごし方]の続きを読む
スポンサーサイト
結局当て木して三角巾で腕を吊られました。




「心配するな、タダの打撲だ」
「一秒でも早く治すために吊って来た」



と海南戦後のゴリの気分ですな。なんか対して痛くないのに大袈裟に処置されるとあれですね。

急にみんな優しくなって得した気分になりますね(笑)


でも出来ればいろいろ面倒見てくれる人が欲しかったかなぁ…。右手の代わりにさぁ。
いや、別にやらしい意味じゃなくて(笑)

ところで昨日の日記でアンジェリカをやりますと言っておきながら、気付いたらニコニコでハルヒを見てました。

てかハルヒってこんな話やったんかい。
わたしゃてっきりツンデレだけが魅了のアニメかと思ってましたよ。

いや、今でもそこが楽しさの半分以上だと思いますが。

てか大体元々自分が知ってるハルヒって。

「God knows」
「ツンデレ」
「きょぬーのぽんこつ」
「綾波もどき」
「ガチホモ」
「鶴屋さん」
「めがっさ」
「にょろーん」

こんな感じですから。てか鶴屋さんに偏ってるのはなんでだろ…。

元々谷川烈の文は合わないので小説は読む気でないですが、アニメはなかなか楽しめてますわ。

結局憂鬱の結論がキョンはなぜかモテモテでキョンはツンデレが大好きですであってもです。


まぁ個人的には大人になったみくるが何時「最優先事項よ」って言ってくれるかどうかの方が気になります。
本家はゴトゥーザ様じゃなくて井上喜久子嬢ですがね。
名誉
土曜から日曜にかけて、ケイさんが遊びに来てました。

いつもどおりラウンドワン行ってから飯食って、後はうだうだといった感じ過ごしたんですが、今回は若干違うことが一つ。


腕を負傷しました…。


ことの発端は卓球でケイさんをぼろぼろにしてやった後のバスケ対決。

ケイさんの密着マークにドキドキしてたせいでしょうか、調子に乗ってダンクをやろうとふざけていたら、見事にリングに弾かれて、コートに背中から落下しました。

あのこけっぷりは桜木レベルだった自信があります。

でそのとき肘をしたたかに打ち付け、その日の夜にはほとんど動かせなくなりました。
ただ、痛めて後しばらくは動かせましたし、固定しておけば痛くないで大丈夫だと思うのですが、一応稼動部だけに半休もらって病院に行くことにしました。



そんでもって早く帰ってゲームします(笑)







ちなみにやるのはアンジェリカです。


燐月?あんなもんどうでもいい!アンジェリカが過ごすぎるんだよ。クンクンし過ぎだよ!

ということで次回はアンジェリカについて語るにょ゛お゛お゛お゛。

ではアンジェリカが待ってるのでノシ
感想
と言っても燐月じゃないです。
ちなみに燐月は詩乃が終わって若干しょんぼりしてます。
け!ぬるぬるじゃねーか(ぬるぽな意味で)

で話を戻して、この前冬コミで購入したゲームについての感想を書きたいと思います。
「もしもし」(TGC)

作品は六話のショートショートが入ったオムニバス形式。
一つクリアすると次のシナリオが出てくるタイプです。
各短編間は語り部が語る形で繋げ、全体的な話の一体感、繋がりを作っていました。

作風は常に電話を通して、会話だけで進むという少し変ったスタイル。今まであまりなかったのでなかなか新鮮でした。
その分実際登場する人物は0。立ち絵がないサウンドノベルを逆に利用した形でした。
音楽は曲数が多く、なかなか。ヴォーカル曲もあります。
システムはきりきり。特に問題はなく、丁寧に作ってあったかと感じます。エフェクト等も効果的でした。


続く
[感想]の続きを読む
燐月 詩乃編
はいはい。ツンデレツンデレ。

てか詩乃の惚れっぷりには若干無理があるのでは。
もうちょいツンツンかイジイジして欲しかったなぁ。

でも燐月はこれからが本番だって僕は信じてる!いや、マジで。
もっとセック(ry
こそーり
こそーりブログを更新してみる。

最近はミクシィ書いただけで終わってたけど、時間も出来たし、また文章を書く気力が出てきたから、こっちでも書いてみようと思います。

最後がこんにゃくやってた頃だから随分時間が立ちました。

その間に東鳩2、ダメ恋、フォセット、白詰等実はコンスタントにゲームを消化してました。

なんかね。疲れてくると二次元に走っちゃうんだ。
んでもってあまり逃げすぎると鬱になるんだけど(笑)

あー。ニートしたいなぁ。

まぁでも、実際はゲームに対する感動はだいぶ薄れてきたかなといった感じが強いですね。

昔の様に意識の全てをゲームに集中するようなことが出来なくなりました。
やはりマンネリて言うのはあるんでしょうかね?
ここまでくると似たような話も増えてきますし。

ということで、そんなマンネリを解消すべく、純愛至上主義のマサオさんが真燐月に手を出して見ました。




あ、真は純愛要素が強いんだった…。
でもまぁ、実用性があるゲームと言う意味では問題なしです。
昨日も強制終了に涙を流しながら(いろんな意味で)二時間ぐらいやっちゃいました。
いやぁおかげで朝起きるのは辛かったなぁ(主に寝不足的な意
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。